【ANBESOL】歯痛をごまかすならコレがおすすめ!

アメリカは日本みたいに健康保険も無いし医療費もバカ高い。
だからアメリカに住む人は必ず掛け捨ての医療保険に入らざるを得ないんだけど、
その保険も通常の医療の他に歯や眼などそれぞれ別々に加入しなくちゃいけない。

なので、合算すると毎月1000ドルも掛け捨ての保険料を払う羽目になったりする・・・。
アメリカ人、どんだけ金持ちやねんwww

でも、保険に頼らず自腹で医者に行ったらとんでもない金額を請求されちゃうのがアメリカ。
盲腸の手術で入院なんかしたら1000万円かかったなんて話がザラにあるもんね。
自分も去年LAで歯が痛くなり、ロキソニンやボルタレン飲んでもイマイチなので歯医者にいったんだけど、
その時もカルテ作ってレントゲン撮っただけで400ドルくらいかかったよね。

んで、診察の結果、奥歯の根幹が割れてるので麻酔して抜歯しなきゃいけないので、
抜歯専門の歯医者に行けって、たらいまわしになったのだ。

しかたないので抜歯専門医に行って診てもらったら、まず最初に金額を提示されるの。
「抜くだけで2000ドルだけど、払える?」って。(もちろん英語でw)

LAには日本人がたくさんいるので日本語の話せる歯医者が絶対にあるはず!
そう思って事前にググって「当院は日本人スタッフいて日本語だけでもOKです」っていう所を探したのね。
医療用語なんて分からないし、細かいニュアンスが伝わらないと怖いので。
でも、実際に行ってみたら日本人なんて皆無だし、これっぽっちも日本語が通じなかったw
(アメリカあるある)

結局2000ドルも自腹でかかるのは微妙だし、海外旅行保険は歯科には適応外だし。
帰国の日程も見えていたので抜かずに薬でちらすことに。
抗生物質&鎮痛薬を処方してもらったのだー。

でも、アメリカの薬ってすごく効く気がするな。
医療費が高いので根本的な治療ではなく、痛みを抑えて我慢する文化なのか?w
カラダの大きなアメリカ人向けに薬の用量も多いのかもしれないよね。
それ以来、日本でロキソニンを買いこんでアメリカに来てるのだ。

で、CVSで発見したのがこれ!
ANBESOLっていう塗り薬なんだけど、これがめっちゃ効く!!!

「歯痛や歯茎の痛み、口内炎、歯列矯正用ブリッジ、軽度の歯科処置用
大人および 12 歳とそれ以上の子供: 患部に 1 日 4 回まで、患部に薄く塗ってください。
または歯科医か医師の指示に従って塗ってください。」

とのこと。

含有物を見ると・・・
Benzocaine 20% ←ベンゾカインが入ってるってことは、局所麻酔薬やーん!
さすがはアメリカ!!!
とりあえず局部の感覚をなくして痛みを誤魔化しちゃえ的な考えなんだねw

塗ったとたんに痛む所の周辺と舌の感覚がなくなってくるよ~☆
「効く」ってことはそれだけ強いってことなんで恐ろしい気もするけど。
でも、歯痛って「この世の終わり」みたいな痛さだから助かる!

口内炎とかにも効く(痛みをごまかせる)から、お守り代わりに一個持っているといいかもね。
CVSで10ドル程度で処方箋無しで買えるので日本へのお土産にする人もいるらしいよ☆

ANBESOL、一家に一本☆

【Pier39フィッシャーマンズワーフ&坂の街を散策】サンフランシスコ観光2日目

クルーズ船でサンフランシスコ湾を周遊した後はランチ!
アルカトラズ島関連のクルーズ船はPier33から出発なんだけど、
その並びにあるPier39はフィッシャーマンズワーフで、レストランやミニ遊園地などがあるのだ。

車社会のアメリカで公共交通機関が充実している数少ない都市の1つ、サンフランシスコ。
これは普通の路面電車で、Market Streetと観光地であるフィッシャーマンズワーフを結ぶ路線。

他にはサンフランシスコ市内各地を結んでいる真新しい路面電車のMuni Metroがあるね。
(見た目が面白くないので撮ってないけどw)

他にはサンフランシスコ都市圏の中距離輸送を担うBART(地下鉄)やケーブルカー、トロリーバスがある。
運転形態や路線網は日本の地下鉄とよく似ているね。
どれも注意したいのが、お釣りが出ないことが多いこと。

水族館。

いよいよフィッシャーマンズワーフに到着!
でっかい蟹のオブジェ。

しかし、快晴っぷりがハンパ無い!
まるでLAみたいだな。

ん? ちょっとシュールなメリーゴーランド。

金曜だけど、たくさんの人でにぎわってる。

 

ランチは大好きなシャンパンのお店\(^o^)/

サンフランシスコといえばクラムチャウダー!
ってことで注文してみたけど、味は微妙だったw
やはり観光地ってこんなもんか・・・

つまみも微妙・・・w

 

微妙なランチを早々に切り上げ、坂の街を散策してみることに。
愛車はPierの駐車場に置きっぱなし、タクシーにてケーブルカーミュージアムへ。
ちなみに、流行りのUBERやLYFTもサンフランシスコの会社なんだけど、
なぜかLAよりTAXIがたくさん走ってるのだw
なので今回はUBERやLYFTではなくTAXIを使った!

久々に乗ったTAXIの印象・・・ボロいプリウスだった!
UBERは運転手自身の車だから割と綺麗な個体が多いけれど、
UBER等に押され気味のTAXIは買い替えや修復予算も厳しいんだろうか。

そして、10分ほど坂を上りまくってケーブルカーミュージアムに到着。

ここはなんと無料のミュージアム!

パウエル線のケーブルカーが走る通り沿いにある博物館。

市内を走る3本のケーブルカーのケーブルをブン回している所で、
実際にケーブル駆動&メンテナンス工場でもある。
ケーブルカーの原理や歴史も展示してあり、稼働しているケーブルの状況も観れるのだ。

サンフランシスコ・ケーブルカーは、1873年に開業したケーブルカーであり、
現役かつ世界最古の手動運転の循環式ケーブルカー。

ケーブルは3路線分ともケーブルカー博物館内の動力室を通るよう敷設されていて、
室内の大型モーターにより循環させられている。

ケーブルの本数は合計4本あり、カリフォルニア・ストリート線用に1本、パウエル両線の共有区間用に1本、
それに、分岐してからのハイド線、メイソン線用それぞれ1本。

大迫力!!!

クラシックなケーブルカーの展示もあり。
ミュージアムは30分くらいで観覧OKかなー。

 

そして通りに出ると走ってる!
通勤客も利用するけど、運行範囲の狭さと運賃の高さから観光名所的な存在だね。

乗客がボディからはみ出してるけど、危なくないのか???

ここは対岸やアルカトラズ島も見えて絶景\(^o^)/

 

いいね!

でも、ケーブルカー・・・乗らずに歩くよw
歩いてる人はほとんどいないんだけど、たまーに見かけるのは老人ばかり。
なんでだろう・・・

 

坂に対して直角に駐車するのがデフォなのかな?

街のあちこちでこんなかんじの絶景が拝めるけど、意外に電線が多いね。

トロリーバス発見!!

駐車してる車の左ドアを開ける時は、隣の車にぶつからないように注意が必要だね。

 

SUZUKIのSUVコンバチ。こんなの初めて見た。

 

テレグラフヒルの頂上にそびえる古代の円柱のようなコイトタワー。
1933年建造のこのタワーは、「愛するサンフランシスコをもっと美しく」と、
12万5000ドルを遺贈したリリー・ヒッチコック・コイトの遺産。
小糸製作所とは関係ありません(笑)

 

世界一曲がりくねった坂道ロンバードストリート!

サンフランシスコでも有名な観光スポットで、
この急カーブを自慢の車で降りたい!という人が後を絶たないんだと。
でも、給与水準が高いのにLAみたいに超高級車が走ってないのは意外だな。
坂が多すぎるせいか!?

坂道まではロープウェイでアクセスでき、車道とは別に歩道も整備されているよ。

ロンバードストリート動画は下記インスタグラムの複数枚投稿最終項にあり。

Mangoさん(@mango825)がシェアした投稿

ケーブルカーはまるで遊園地か江ノ電の乗車待ちみたいな行列!

サンフランシスコは、 神奈川県の三浦半島よりちょっと大きいぐらいの半島の先っぽにある都市。
山が多い地形も三浦半島そっくりで、名物のケーブルカーが発達したのもその地形によるところが大きい。

 

マーケットストリートにあるUBER本社とTwitter本社。

けっこう治安が悪い場所にあるし、ショボくてビックリ!
なんと、この治安の悪い場所に本社を構えてくれたら
数年間は税金を免除するっていう市の提案で決まったとか。

Facebooka社やGoogle社、Apple社がサンノゼの広大な敷地に本社を構えてるのは対照的!
Twitter大好きなので、ぜひとも頑張ってほしいものだw

 

このあとSONOMAへドラッグレース初日を観戦にいき、
21時過ぎにサーキットを出てサンフランシスコ市内に戻り。
食事はチャイナタウンはずれにある中華へ。
意外にも遅くまでやってる店が無いんだなぁ。

けっこう美味かったよー♪
(店の名前は忘れたけどw)

 

【SHOGUN】ニューオリンズで鮨ならココ!

LAと違いニューオリンズには日本食屋が20軒ほどしか無いらしい。
そして、そのほとんどを日本人系の方が運営されており、
ハズレな店がそうそう無いっていう噂。

まぁ、このSHOGUN以外には足を踏み入れたことないので知らないけどw
てなわけで、ここSHOGUNはニューオリンズに来るたびに訪れている店。

席はもちろんカウンター!

まずはBeer!
Asahiスーパードライの瓶があるのが嬉しいね☆

 

鮨キターーーー!

右から、鯛×2、トロ、かんぱち。
安定の美味さや♡

キュウリのお通し。

酢の具合が最高だわ。

 

サバ!
Ça va? (元フランス領のニューオリンズっぽくw)

 

シシャモ!オスだったぜ(^^♪

 

ホタテ&エンガワ!!

そして、ここSHOGUNには炉端焼きコーナーもあり!
そちらのメニューもいただけるのだ。

つくね!

くーーーー、焼き鳥と鮨を両方味わえるなんて、アメリカ在住者にとっては天国やで!

そして、大将のセイさんに〆をお願いした。
注文は「日本の鮨屋では絶対に食えないような逸品」

どや!!!

シュリンプボート&サーモンベリー!
ワサビトビッコが珍しい。
これぞアメリカ!!!美味し☆

そしてデザート♡

めちゃめちゃオトナなクレープで大満足\(^o^)/

ここSHOGUNはニューオリンズに来たら絶対に寄るべきお店No.1☆
オススメです(^^♪

SHOGUN JAPANESE RESTAURANT
2325 Veterans Memorial Boulevard
Metarie,Louisiana 70002
TEL:504-833-7477
http://www.shogunneworleans.com/

SanDiegoで空母Midway見学

サルベーションマウンテンに行く前にサンディエゴ観光した!
まずは安定のLA大渋滞。

20160628-014356-0
距離にして140mile、2時間半くらいのドライブ。

s__66453519

s__66453535

 

20160628-035845-0

20160628-051924-0

20160628-052919-0

 

Midway、でたーーーーーー!
どーーーーーーーーーん!!

第二次世界大戦後に就役し、ベトナム戦争や湾岸戦争に参加した。
現在同艦はカリフォルニア州サンディエゴで博物館として公開されている。

20160628-053633-0

20160628-053705-0

20160628-053714-0

 

20160628-053807-0

20160628-053859-0

20160628-054014-0

20160628-054425-0

20160628-054452-0

20160628-054534-0

20160628-054655-0

20160628-054714-0

20160628-054801-0

20160628-055326-0

20160628-055338-0

20160628-055428-0

20160628-055453-0

20160628-055537-0

20160628-055559-0

20160628-055743-0

20160628-055815-0

20160628-055835-0

20160628-055901-0

20160628-055909-0

20160628-055920-0

20160628-055959-0

20160628-060034-0

20160628-060207-0

20160628-060231-0

20160628-060304-0

20160628-060324-0

20160628-060502-0

20160628-060654-0

20160628-120014-0