パームスプリングス最高!【Ace Hotel&Desert X】

砂漠のオアシス、パームスプリングスに行ってきたよ~♪
ゴルフが好きな人は聞き覚えのある名前だと思うけど、
音楽好きにとってはコーチェラフェスティバルで有名な場所!

ロサンゼルス在住のセレブも訪れる高級リゾート地、それがパームスプリングス。
そこで開催されているアートの祭典Desert Xを観に行ってきた。



続きを読む… “パームスプリングス最高!【Ace Hotel&Desert X】”

LAでBirdなど電動ライドシェアリングに乗る方法【2019年最新版】

せっかくLA行くならBirdに乗ってみたいな・・・って思わない?
サンタモニカビーチやベニスビーチ、アボットキニーだけではなく、
ロサンゼルス市内やハリウッド、ビバリーヒルズ周辺などで頻繁に見かけるBird。


↑これはLAPRIDEの時だけに現れた限定レインボーカラー、今年も出るのかな~?

続きを読む… “LAでBirdなど電動ライドシェアリングに乗る方法【2019年最新版】”

LAで激増のWHEELS初試乗(米国免許が無い観光客でもOK)

先週末にサンタモニカを散歩した時に発見したWHEELS。
今回はMelrose Aveを散歩してたら発見!

しかも大量にあるよ~♪
そういえば、Wheelの本社はWest Hollywoodだったよね。
近いからこんなにあるのか!
続きを読む… “LAで激増のWHEELS初試乗(米国免許が無い観光客でもOK)”

エンゼルスタジアムでMONSTERJAM(モンスタージャム)観戦!

昨日は快晴の日曜日。
かねてから楽しみにしてたMONSTERJAM(モンスタージャム)観戦!

前回の観戦はいつだっけかなーと過去記事を遡ってみたら、
なんと2年前だったよー💦

あの時は急に思い立ってサンフランシスコまで日帰りで車飛ばして往復したんだー😆
今回はアナハイムのエンゼルスタジアムなので近くて楽チン♪

同じ日にテキサスやアトランタなど全米6州でも開催されており、
それぞれのシリーズ優勝者を集めて総合優勝を決めるシステムらしい。

エンゼルスタジアムは大リーグの大谷選手で一躍有名になったよね。
LA市内から40マイル程度なのでフリーウェー使って1時間弱。
普段は世界一ひどい渋滞で有名な405も、日曜日は渋滞も少なくてすいすいだよ~♪
続きを読む… “エンゼルスタジアムでMONSTERJAM(モンスタージャム)観戦!”

またまた新種の電動ライドシェア発見!

今日は天気も良かったので、いつものように昼からサンタモニカビーチへお散歩♪
その時に見慣れない電動バイクっぽいものを発見!

レストランの前に仲良く並んで置かれていたので、誰かの私物かなとスルー。
続きを読む… “またまた新種の電動ライドシェア発見!”

サンタモニカビーチを散歩♪

一応いまは雨季のロサンゼルス。
でも、例年になく今年は雨が多いんじゃいかな?



なので、天気予報に快晴マークが付いてる日には、
迷うことなくサンタモニカビーチへまっしぐら!!

来て~来て~来て~サンタモニカ~♪
ここへ来る中高年な日本人は絶対に歌っちゃうよね~w

こういう時は本当にビーチの近くに住んでて良かったと思うなー。
ロサンゼルスに日本人が住むという選択をした時に候補になるのは、
トーランスやDTLA(ダウンタウン)が多いよねー。

でも、自分としては日本人が多いところには住みたくないんだなー。
環境が良くて海へのアクセスが良いのが一番!
歩いてビーチまで散歩がてらに行けるってのは最高☆


ビーチはいつだってのどかな雰囲気♪


奥に見えるのはサンタモニカピアにある遊園地Pacific Park。
1908年に建造されたノスタルジックな雰囲気の漂う桟橋。


水はまだ冷たかった。
まぁ、LAの場合は夏でもかなり水温が低いけどね。


ちょうど引き潮だったので、海面がリフレクションで良い感じ。


マッスルビーチもあるので、YOGAに興じるひともたくさん。
意識高い系な方々が多く住むLAらしい光景だよね。


ビーチ沿いの高級ホテルでは結婚式やってた。
めっちゃ絵になるね、まるで映画の世界w


ビーチ沿いの道にはやっぱり電動キックボードがたくさん。
違法だけど、2人乗りもたくさんいたね。
ヘルメットも推奨されてるけど、かぶってる人は皆無。


こうして見ると長袖で厚着の人が多いよね。
ビーチ沿いはロコで運動してる人が水着やタンクトップなのに対し、
観光客は寒々しいw

この時期のロサンゼルスは最高気温が16度前後のことが多いので、
朝晩や日陰に入るとひんやりしてるからねー。

乾燥してるので余計に涼しく感じるのかも。
晴れた炎天下だと16度でも体感気温は25度オーバーだけど!


ピア(桟橋)は相変わらず観光客がたくさん!
ここは日本でいうところの原宿竹下通りみたいなもんだねw


仮設テントが張られてるので、何かイベントがあるのかな?

海を背にして3rdストリートを徘徊。


ここも観光客で賑わってる。
いまだに春節モードなのはちょっとびっくり。
引っ張りすぎだろw

そのあとは街中をうろうろ。

青空にヤシの木。これぞロサンゼルス!


何やらパトカーが何台か集まってきたと思いきや、
近くにいた男が警官に取り押さえられ逮捕されちゃった!
罪名は分からないけど、人が逮捕される瞬間なんて見たのは初めてだ!

ロサンゼルスに住んでると、
頭上で地上にサーチライトを照らしながらヘリが旋回してるとか、
フリーウエイで逃げる車とカーチェイスするパトカーなど、
映画みたいなスリリングな瞬間に出会えちゃうw

日本でもたまにアメリカの銃乱射事件が報道されるけど
実際は日に1件以上の乱射事件がアメリカで起きてるんだって。

アメリカでは、銃がからむ事件で毎年約1万1000人が命を落としていて、
他の死因で死亡するよりも、銃の暴力によって死亡する可能性の方が高いらしい。

「銃乱射」の定義というのは、襲撃者を除く4人以上が
「同じ場所、同じ時間帯」に「撃たれるもしくは命を落とす」個別の事件
と定義されているらしい。

巻き込まれたくはないものだ。
これもアメリカ!毎日を大切に生き抜こう!

そして、街で見かけた珍しい車たち。

壁に張り付いたMINI。
これはMINIディーラー。


HONDAズーマー。
アメリカで日本の原チャリってまず見かけない。
スクーターも見かけないな。
渋滞が多いので、あったら便利そうなのに。


VOLVOのピックアップ。
こんなモデルは存在してないはず。
作っちゃったんか???w

以上サンタモニカ散歩でした☆

Bird以外にもライドシェア電動キックボードが乱立!

ちょうど一年前くらいにはBirdがメジャー勢力で増殖し、
Limeがちょっと頑張ってきた感じだったライドシェア電動キックボード。

しかし、ちょっと数か月ほど日本に行ってる間に状況が一変!
続きを読む… “Bird以外にもライドシェア電動キックボードが乱立!”

アーマンド・ハマー美術館(Hammer Museum)に行ったよ!

UCLA大学にも近いウェストウッドビレッジにある美術館「ハマーミュージアム」。
ここは石油会社社長アーマンド・ハマー氏寄贈のアートコレクションが常設展示されている美術館。

現在はUCLAが運営している美術館で、設立は1990年と新しい美術館。
印象派とポスト印象派の収集は今やロサンゼルスで一番とまで言われてるんだって。

入場料は無料だけど、地下にある駐車場は3時間で7ドル必要。

ウエストウッド通りからin。


最初の3時間は7ドル、さらに20分ごとに3ドル、最大1日20ドル。

駐車場もトイレも全てが美しい!
さすが美術館だよね~。

駐車場から入り口まではすぐに到着。


前は入場料10ドルで木曜日だけ入場無料だったけど、いまは全日無料みたい!
駐車場を使った場合はスタッフにvalidationしてもらってね。

無料なのに撮影もOKで太っ腹!


階段を上ると各展示室へつながるパティオ。


中にはレストランもあり。
あと、2/26には新しいレストランAudrey at the Hammerがオープンするって。
それは中庭に位置するフルサービスのレストランで、
ディナーやカジュアルなカクテルと軽い昼食をとれるんだって。
ちょっと楽しみ!


ウェストウッド地元のレストランから食べ物を持って中庭で楽しむのもOK。

竹藪な和空間もあり。

手前のバランスチェアが人気で、意外とバランスを取るのが難しく転ぶ人続出。

常設展示では、モネ、マネ、ゴッホ、ゴーギャン、レンブラント、セザンヌなど有名画家の絵もあり。


重厚で暗い雰囲気の油絵が多かった印象。

それに引き換え、現代アート展示は面白かった!

このモニターでは福島の津波にやられた街で
日本人の若者が円陣を組んで叫んでる映像が流れてた。

 

サンキストオレンジ。なぜか日本語w


ただの段ボールだぜ???


排泄物で遊ぶ子供たち、カオスだな~w


よーーーく見ると・・・


怖い女が睨んでた・・・


これはエロスなのか???w


見知らぬカップル


横倒しの机、潰された顔。


この床を見たときに歌舞伎揚げを食べたくなったw


これも歌舞伎揚げを食べたくなる柄w


転がった生首。そして、Still life。


ドアの前に配達されたミルクとチーズ。
そして、ドアノブには抜き忘れた鍵。
日常あるある。


まるでウンコのようなロウソク!


70年代の写真も多数展示。


現代アートって意味不明なものも多いんだけど、
心を無にして鑑賞すると面白さに気付けるかも。
気楽に見れるっていうところも好きかも。

休憩スポットもあり。

最後にはお約束のSHOPね!


センスのいいミュージアムショップには欲しいもの満載w
お洒落でこだわりのあるお土産を探すならミュージアムショップがおすすめ。
アクセサリー、子供用のおもちゃ、美術書など思わず欲しくなる小物がたくさん!

ここではレクチャーやコンサートなど300本以上の関連イベントを行っているんだって。
LAに来たならば、J・ポール・ゲティ美術館(J. Paul Getty Museum)と合わせて、
ここアーマンド・ハマー美術館も必見だよー!

思ったよりも小さくてササッと見れるハマーミュージアム。
見方によると思うけど、2時間あれば十分かなー。

現代アートの展示はかなり頻繁に入れ替わるようなので、頻繁に来てみたいな。
ちなみにアポイント制のUCLA Grunwald Center for the Graphic Artsも3Fにあるってさ。

Armand Hammer Museum at UCLA
アーマンド・ハマー美術館
10899 Wilshire Blvd
Los Angeles, CA 90024
(310) 443-7000

火〜金 11am – 8pm
土・日 11am – 5pm

 


グラミー賞授賞式が近いのでグラミー・ミュージアム行ったよ!

グラミー賞、知ってるよね?

「毎年、米国内でリリースされた楽曲とアーティストを対象に選考され、
第1回目でノミネート作品が選考され第2回目で決定される音楽業界で最も栄誉ある賞。」

映画界における「アカデミー賞」と同じく歴史と権威のある音楽界のアワードだね。
日本でいう「レコード大賞」みたいなものかなw

とても名誉ある賞で、Record of the Year(最優秀レコード賞)、Album of the Year(最優秀アルバム賞)、Song of the Year(最優秀楽曲賞)、Best New Artist(最優秀新人賞)が注目される。

そんな第61回グラミー賞授賞式が来たる2月10日にLAのステイプルセンターで開催されるのだ。
2018年はニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われたけど、
2019年の授賞式では2年前までと同じくホームであるLAへ戻ることに。


ロサンゼルスのダウンタウンでHOTな場所であるLA LIVEの一角にあるグラミーミュージアム。


自分のグラミー気分を盛り上げるために、グラミー・ミュージアム行ったよ!
まぁ、ここも日本からのゲストの案内だったんだけどねw


B’zがLIVEをしたclub nokiaなども含めこの一帯はLAライブと呼ばれる。
(B’z関連の展示は一切無しだけど)


駐車場は無いので、近所のパーキングメーターに駐車。
(本当は駐車場があるらしいけど、気づかなかったw)


入場料は大人:12.95USドル、 子供:10.95USドル
入り口で入場料を払う前に、空港並みのセキュリティチェック!

まずはエレベーターで最上階(4F)へあがり、階段で降りながら見学。

グラミーといえば蓄音機!

子供時代に聴覚をすっかり失ってしまったエジソンは、
29歳の時に世界で初めて音を記録して再生する機械「蓄音機」を発明。

アカデミー賞設立時に名前を検討した際、エジソンのレコーディング技術開発への感謝をこめ、
彼のニックネームを冠し「エディー賞」と名付けようとしたというエピソードがあるんだって。


結局この賞は、蓄音機=グラモフォンにちなんで「グラミー賞」と命名されたんだけどね。

ジョニー・キャッシュ!!

渋い~w

マイケルジャクソンコーナー!

ステージ衣装はもちろん本物!


昔のアーティストのことはよくわからないけど、
自分が洋楽をかなり意識しだしたのはマイケル以降かなぁ・・・

タッチスクリーンを使ったたくさんの展示があり。
アメリカの音楽史、流行、背景などが展示されており各年のグラミー受賞作品が聞けちゃう。


いろんなアーティストグッズを展示してあるだけではなく、
ハイテクを駆使して音源視聴もできちゃうw


過去のグラミー賞ポスター


過去の受賞シーンをミニシアターで視聴もできちゃう

ビヨンセ!!!

ジョンコルトレーンクインテット。
日本公演したときのブッキング書類。

特に好きな歌手がいなくても、過去のグラミー賞でのスピーチや音楽を楽しめちゃう。

レイチャールズ!!

プレスリー!!

マイクのオブジェ。

ホイットニー!

最後にはドラムセットのコーナーがあり、ヘッドホンを使って演奏できるので、
周りを気にかけることなく思いっきり演奏できちゃうよ。

音楽ファンはぜひ訪れたい博物館なことは間違いなし!!

21世紀の博物館とも言われているここは音楽教育プログラムにも力を入れており、
子供向け音楽教室、アーティストや関係者による講演なども随時あるので、
好きなアーティストを目の前に講演を聞くチャンスも多々あり!!

それらの講演やイベントは随時行われているので、
詳細はオフィシャルホームページで要チェック☆

最後の出口付近にはお土産ショップもあり散財注意w

グラミー・ミュージアム
所在地:800 W. Olympic Blvd., Ste. A245
Los Angeles, CA 90015 USA
10 AM – 6 PM Daily