Bird以外にもライドシェア電動キックボードが乱立!

ちょうど一年前くらいにはBirdがメジャー勢力で増殖し、
Limeがちょっと頑張ってきた感じだったライドシェア電動キックボード。

しかし、ちょっと数か月ほど日本に行ってる間に状況が一変!
続きを読む… “Bird以外にもライドシェア電動キックボードが乱立!”

アーマンド・ハマー美術館(Hammer Museum)に行ったよ!

UCLA大学にも近いウェストウッドビレッジにある美術館「ハマーミュージアム」。
ここは石油会社社長アーマンド・ハマー氏寄贈のアートコレクションが常設展示されている美術館。

現在はUCLAが運営している美術館で、設立は1990年と新しい美術館。
印象派とポスト印象派の収集は今やロサンゼルスで一番とまで言われてるんだって。

入場料は無料だけど、地下にある駐車場は3時間で7ドル必要。

ウエストウッド通りからin。


最初の3時間は7ドル、さらに20分ごとに3ドル、最大1日20ドル。

駐車場もトイレも全てが美しい!
さすが美術館だよね~。

駐車場から入り口まではすぐに到着。


前は入場料10ドルで木曜日だけ入場無料だったけど、いまは全日無料みたい!
駐車場を使った場合はスタッフにvalidationしてもらってね。

無料なのに撮影もOKで太っ腹!


階段を上ると各展示室へつながるパティオ。


中にはレストランもあり。
あと、2/26には新しいレストランAudrey at the Hammerがオープンするって。
それは中庭に位置するフルサービスのレストランで、
ディナーやカジュアルなカクテルと軽い昼食をとれるんだって。
ちょっと楽しみ!


ウェストウッド地元のレストランから食べ物を持って中庭で楽しむのもOK。

竹藪な和空間もあり。

手前のバランスチェアが人気で、意外とバランスを取るのが難しく転ぶ人続出。

常設展示では、モネ、マネ、ゴッホ、ゴーギャン、レンブラント、セザンヌなど有名画家の絵もあり。


重厚で暗い雰囲気の油絵が多かった印象。

それに引き換え、現代アート展示は面白かった!

このモニターでは福島の津波にやられた街で
日本人の若者が円陣を組んで叫んでる映像が流れてた。

 

サンキストオレンジ。なぜか日本語w


ただの段ボールだぜ???


排泄物で遊ぶ子供たち、カオスだな~w


よーーーく見ると・・・


怖い女が睨んでた・・・


これはエロスなのか???w


見知らぬカップル


横倒しの机、潰された顔。


この床を見たときに歌舞伎揚げを食べたくなったw


これも歌舞伎揚げを食べたくなる柄w


転がった生首。そして、Still life。


ドアの前に配達されたミルクとチーズ。
そして、ドアノブには抜き忘れた鍵。
日常あるある。


まるでウンコのようなロウソク!


70年代の写真も多数展示。


現代アートって意味不明なものも多いんだけど、
心を無にして鑑賞すると面白さに気付けるかも。
気楽に見れるっていうところも好きかも。

休憩スポットもあり。

最後にはお約束のSHOPね!


センスのいいミュージアムショップには欲しいもの満載w
お洒落でこだわりのあるお土産を探すならミュージアムショップがおすすめ。
アクセサリー、子供用のおもちゃ、美術書など思わず欲しくなる小物がたくさん!

ここではレクチャーやコンサートなど300本以上の関連イベントを行っているんだって。
LAに来たならば、J・ポール・ゲティ美術館(J. Paul Getty Museum)と合わせて、
ここアーマンド・ハマー美術館も必見だよー!

思ったよりも小さくてササッと見れるハマーミュージアム。
見方によると思うけど、2時間あれば十分かなー。

現代アートの展示はかなり頻繁に入れ替わるようなので、頻繁に来てみたいな。
ちなみにアポイント制のUCLA Grunwald Center for the Graphic Artsも3Fにあるってさ。

Armand Hammer Museum at UCLA
アーマンド・ハマー美術館
10899 Wilshire Blvd
Los Angeles, CA 90024
(310) 443-7000

火〜金 11am – 8pm
土・日 11am – 5pm

 


グラミー賞授賞式が近いのでグラミー・ミュージアム行ったよ!

グラミー賞、知ってるよね?

「毎年、米国内でリリースされた楽曲とアーティストを対象に選考され、
第1回目でノミネート作品が選考され第2回目で決定される音楽業界で最も栄誉ある賞。」

映画界における「アカデミー賞」と同じく歴史と権威のある音楽界のアワードだね。
日本でいう「レコード大賞」みたいなものかなw

とても名誉ある賞で、Record of the Year(最優秀レコード賞)、Album of the Year(最優秀アルバム賞)、Song of the Year(最優秀楽曲賞)、Best New Artist(最優秀新人賞)が注目される。

そんな第61回グラミー賞授賞式が来たる2月10日にLAのステイプルセンターで開催されるのだ。
2018年はニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われたけど、
2019年の授賞式では2年前までと同じくホームであるLAへ戻ることに。


ロサンゼルスのダウンタウンでHOTな場所であるLA LIVEの一角にあるグラミーミュージアム。


自分のグラミー気分を盛り上げるために、グラミー・ミュージアム行ったよ!
まぁ、ここも日本からのゲストの案内だったんだけどねw


B’zがLIVEをしたclub nokiaなども含めこの一帯はLAライブと呼ばれる。
(B’z関連の展示は一切無しだけど)


駐車場は無いので、近所のパーキングメーターに駐車。
(本当は駐車場があるらしいけど、気づかなかったw)


入場料は大人:12.95USドル、 子供:10.95USドル
入り口で入場料を払う前に、空港並みのセキュリティチェック!

まずはエレベーターで最上階(4F)へあがり、階段で降りながら見学。

グラミーといえば蓄音機!

子供時代に聴覚をすっかり失ってしまったエジソンは、
29歳の時に世界で初めて音を記録して再生する機械「蓄音機」を発明。

アカデミー賞設立時に名前を検討した際、エジソンのレコーディング技術開発への感謝をこめ、
彼のニックネームを冠し「エディー賞」と名付けようとしたというエピソードがあるんだって。


結局この賞は、蓄音機=グラモフォンにちなんで「グラミー賞」と命名されたんだけどね。

ジョニー・キャッシュ!!

渋い~w

マイケルジャクソンコーナー!

ステージ衣装はもちろん本物!


昔のアーティストのことはよくわからないけど、
自分が洋楽をかなり意識しだしたのはマイケル以降かなぁ・・・

タッチスクリーンを使ったたくさんの展示があり。
アメリカの音楽史、流行、背景などが展示されており各年のグラミー受賞作品が聞けちゃう。


いろんなアーティストグッズを展示してあるだけではなく、
ハイテクを駆使して音源視聴もできちゃうw


過去のグラミー賞ポスター


過去の受賞シーンをミニシアターで視聴もできちゃう

ビヨンセ!!!

ジョンコルトレーンクインテット。
日本公演したときのブッキング書類。

特に好きな歌手がいなくても、過去のグラミー賞でのスピーチや音楽を楽しめちゃう。

レイチャールズ!!

プレスリー!!

マイクのオブジェ。

ホイットニー!

最後にはドラムセットのコーナーがあり、ヘッドホンを使って演奏できるので、
周りを気にかけることなく思いっきり演奏できちゃうよ。

音楽ファンはぜひ訪れたい博物館なことは間違いなし!!

21世紀の博物館とも言われているここは音楽教育プログラムにも力を入れており、
子供向け音楽教室、アーティストや関係者による講演なども随時あるので、
好きなアーティストを目の前に講演を聞くチャンスも多々あり!!

それらの講演やイベントは随時行われているので、
詳細はオフィシャルホームページで要チェック☆

最後の出口付近にはお土産ショップもあり散財注意w

グラミー・ミュージアム
所在地:800 W. Olympic Blvd., Ste. A245
Los Angeles, CA 90015 USA
10 AM – 6 PM Daily


Museum of Death(死体博物館)に行った!

前々から行きたかったところ。
それはその名も「Museum of Death」。
直訳すると「死のミュージアム」。

まさにここは死がテーマの「死のミュージアム」で、
犯罪に巻き込まれた死体や自殺者、死刑囚まで様々な死に関する資料や写真がてんこ盛り。
最後には人体解剖の映像まで見ることができちゃう。

一人で行くには微妙だし、誰かを誘っても「行きたい!」って人がおらず・・・。
でも、日本からゲストが来たので打診してみたら興味を持ってくれたw

店に向かって左側には広大な駐車場あり。

駐車場の壁から雰囲気は盛り上がりまくり!

1947年にアメリカで発生した殺人事件の被害者「ブラック・ダリア」の肖像画。

女優志願の女性で、黒い服を好んだことから「ブラック・ダリア」の通称で知られていた。


館内は撮影厳禁なんだけど、夜に行けば周辺だけでも気分をかなり味わえる心霊スポットw


歩道の置き看板。

死体の画像や資料以外には、遺体収納袋や棺桶、犯罪現場写真、死刑執行用装置、動物のはく製など、
死に関するものが大量にコレクションされている。

ちょっと気分がダウンしてしまいそうなテーマのミュージアムだけど、
お客さんはたくさんいたよー。

女性同士やカップルがほとんどなんだけど、
白人のオタク風少年がニヤニヤしながら一人で見学してたのが怖かった!

館内には展示室がテーマ別に10部屋ほどあり。
ヘブンズゲート、チャールズ・マンソン、ブラックダリアにはそれぞれ一室が当てられている。

33人の少年を強姦して殺害したジョン・ゲイシーが描いた絵。

(拾い画像)

子供たちを楽しませるためパーティでピエロに扮することが多かったので
キラー・クラウン(殺人道化・殺人ピエロ)の異名を持つジョン・ゲイシー。

そのジョン・ゲイシーは少年を含む33名を殺害したことが明らかになっており、
資産家の名士でチャリティー活動に熱心だった彼の犯行はアメリカ社会を震撼させた。

刑務所で彼の描いたピエロの絵画は連続殺人者犯マニアには大変な人気があり、
展示会が開かれ高値取引され、ジョニー・デップも購入して所有してるんだって。
この死のミュージアムにも本物のピエロの絵画が展示されているのだ。


他にもチャールズ・マンソンとかブラック・ダリア事件とか有名事件の資料が豊富にあり。
ブラックダリアの殺された時の写真まで展示してあるよ!

ここを見た人は「今生きていてよかった」という感想を持つ人も多く、
「生きる」ことに対して、改めて感謝の気持ちを芽生えさせてくれる場所でもあるみたい。

受付のお兄ちゃんに聞いたところ、途中で失神しちゃう人もいるんだってさ。
(ちなみにほとんどは男性らしい)

入り口でグロ画像を見せられて目を反らさなかった者だけが入場できるとシステムらしいけど、
そんな儀式!?も無くすんなり入れたw

年齢制限は無いけれど大人でもトラウマになるレベルの展示ばかりなので、
間違いなく子どもに見せられる次元じゃないのは間違いなし!!

ニューオリンズのフレンチクォーターにも同じMuseum of Deathがあるんだって。
展示物は違うみたいなので、ニューオリンズに行ったら絶対に行ってみたい!

ニューオリンズは「死者の街」と呼ばれるほど墓や死に身近な街なので、
LAよりもMuseum of Deathが盛り上がってるかも!?
てか、各犯罪についてかなり予習してから入館するのがオススメ。


シリアルキラー柄グッズがお土産としてかなり人気なんだって。
ここはマニアックすぎて観光ガイドにはあまり載ってないけど、
LAに来たら一番真っ先にオススメするスポットかも!w

Museum of Death in Hollywood(ミュージアム・オブ・デス・イン・ハリウッド)
住所:6031 Hollywood Blvd, Hollywood, CA 90028
電話番号:+1 (323) 466-8011
開館時間:日~火:10時~20時 金:10時~21時 土:10時~22時
入場料:17ドル


大磯プリンスホテル・スパで海外気分を味わう(THERMAL SPA S.WAVE)

2017年7月15日オープンの大磯プリンスホテル「THERMAL SPA S.WAVE」。
大磯といえばロングビーチのプールが有名だけど、ホテルも由緒正しいから人気があるみたい。

大磯は鎌倉と箱根の中間ということもあり中途半端な立地にあるのから馴染みが無い方も多そうだけど、
東京や神奈川県内だけでなく埼玉県あたりからでも圏央道一本でスイスイと来れるので、
かなりアクセスのよいリゾートホテルである大磯プリンスホテル。

まぁ、俺の世代的に大磯ロングビーチといえば、芸能人水泳大会のポロリしか思い浮かばないんだけどw
その大磯プリンスホテルが2017年にリニューアルされ、それに伴いスパ棟が新設されたよー。


まるでシンガポールの天空プールじゃん!
「マリーナベイ・サンズ」を彷彿とさせる「インフィニティプール」。
これぞまさにインスタ映えwww

THERMAL SPA S.WAVEの良いところは子供が入場NGので、お洒落な大人空間を維持しているところ。
ラブラブなカップルや、インスタ映えを狙う綺麗なお姉さんがほとんどだね。
芸能人やモデルちゃんのインスタ登場率もかなり高め。

ガキがいないってのは素晴らしいよね!
都心のオシャレなシティホテルのプールでは、中華なガキがプールでウ○コしちゃう事件が頻発してるらしいしw

インフィニティプールの横には大きなジェットバスが2つもある!

ジェットバスからも富士山と太平洋が一望なのも最高だね!


水平線とプールの水面が溶け合う「インフィニティプール」。
泳いではシャンパン片手に少し休んで、ジャグジーにつかり・・・贅沢な休日の過ごし方!

フォトジェニックなのでインスタ女子もたくさん来ているよー。
受付で撮影時の注意点をレクチャーされたり、スマホ用防水ケースも売ってるね。
プリンスホテル側も消費者心理を理解し、うまい商売をしているな~。

水温は季節や天候によって変化するみたいだけど、32-38℃くらいで安定しているらしい。
いつまでも浸かってられる温度なので、一年中楽しめまるね。


ジャグジーに並ぶようにテラスが奥まで続き、パラソルとビーチチェアー、ビーチソファー。
外人ゲストも多いので、まさに海外のリゾート気分だね!!
晴れた日には富士山も一望。

プールの入り口にはバーカウンターがあり。

アルコールやドリンクも充実してる!
プールサイドで飲んだり ジェットバスに入って飲むのも良し(飲みすぎ注意!)。
館内での支払いは全て入館時に受け取ったアームキーでおこない、退館時に精算。


3Fが受付で、タオルとガウンを受け取り入館。
3Fの温泉フロアで水着に着替えたら、4Fスパフロアへ。


1階には、オシャレなレストラン・バー「S.DINING」。


ロビーもオシャレ。


朝6時から深夜0時まで営業しているので、日没後のジャグジーも幻想的でオススメ!

他にも、パノラミックサウナ、岩盤浴室、テピダリウム、フィンランドサウナがあるよ。
アロマの香りが広がり、まるで岩盤浴のようなサウナのテピダリウム【HEALING】と、
大きな窓から富士山が目の前に大迫力でそびえ立つパノラミックサウナ【PANORAMA】が特にオススメ。

ヒノキの香りがリラックスを誘い室温も40-50℃くらいなので、サウナというより温室だね。
S.WAVEは4Fフロア全体が水着着用なので、どのサウナも水着のまま入るのがマスト。


サウナルームにの隣にあるのがSNOWルーム。
室内には天井から新雪がハラハラと舞い散り、積もったパウダースノーは、まるでかき氷! 
その見た目と雪の温度で心身ヒンヤリさせてくれるね。

あと、4Fバーカウンター向かいにあるエクスペリエンスシャワーもオススメ!

一見変哲もないシャワールームだけど、蛇口をひねるとハーブの良い香りがする!!

ミントやラベンダーの精油が含まれたアロマウォーターの温水シャワーが、
汗ばんだカラダをリフレッシュしてくれるのだ。
これは画期的だと思うんけど、あまり前面にアピールしてないのはなぜなんだ!?

3Fの温泉フロアは裸エリアで。
大浴場の内湯も広く綺麗だけど、オーシャンビューの露天風呂は格別!


大磯温泉を源泉とした露天風呂と内風呂は、.
疲労回復、神経痛、関節痛ほか、さまざまな効能が期待できる。

pH7.9という弱アルカリ性温泉は肌のくすみを取ってくれたり、
ツルツルにしてくれる最高の美肌の湯なんだって。

かなり綺麗でデザインもモダンで、洗練されている雰囲気。
身も心もまさに極楽、至福の時間だね。

THERMAL SPA S.WAVEは日帰り利用も可能だけど、宿泊者は無料で利用できちゃうんだよね。
プランによっては一泊5000円以下で泊まれることもあるようなので、宿泊利用がお得!

でも、このインフィニティプールをたっぷり堪能したいなら快晴の日に限る!
何か月も前から宿泊予約していく場合、天気を予測できないのが難点。

もし大磯が日帰り圏内であるならば、快晴の日を狙って日帰り利用もオススメ!
朝6時から深夜0時まで利用可能なので、下手な温浴施設にいくよりお得で満足度が高いと思うなー。
それに、真夏よりも春先や秋の方が気持ちいいよ~☆

日帰り利用をするのならば、入館料が最大1200円割引になる裏技がある!
デイリーPlus(プラス)という会員制割引優待サービスで割引クーポンをゲットできるのだ。

デイリーPlus(プラス)は、
登録されている全国90万件以上の割引サービスや特典を利用できる素晴らしい優待サービス。
ただし、月額540円(税込)の月額会費が必要。

はじめて利用する方はこの540円の月額会費が2ヵ月間無料。
この割引クーポンを利用すると下記の特典が適用されるのだ。

・平日 おとな入館料:4,500円 ⇒ 3,300円(1,200円割引)
・土日祝 おとな入館料:4,500円 ⇒ 3,600円(900円割引)

平日では大人1名につき1,200円割引が適用されまるのだ。
仮に友達グループ4名で利用した場合は合計で4,800円もお得になる計算なので、
使わない理由はないよね!
(ただし、夏期特別期間や年末年始は除外日となる点に注意)

無料期間内に解約すれば月額料金も発生しないので、こちらもうまく活用してみてね~!

デイリーPlus(プラス)はこちら⇒

THERMAL SPA S.WAVE
・料金:宿泊者無料、日帰り大人4,500円、小学生2,000円、未就学児無料
・対象:中学生未満は3F温泉フロアのみ、4Fは利用不可
・時間:6:00~24:00(日帰り利用は17:00最終受付)
・その他:4Fスパフロアは水着着用

なお、近所にお住まいの方なら年間パスポートを買うのもオススメ!
「THERMAL SPA S.WAVE」を1年間何回でも利用できるる年間パスポート。
本人および同伴者1名まで利用できるお得なパスポート。

有効期間
入会月1日より1年間
※前月20日までのお申込みで翌月1日から1年間有効の年間パス。

利用時間
6:00A.M.~12:00MID(最終受付 11:30P.M.)
夜の時間帯や年末年始など、宿泊者限定の日時もご利用いただけます。

料金
1枚 ¥200,000(消費税込み)
※入会はSEIBU PRINCE CLUB会員限定。(無料にて即時入会も可能)

入会特典
・本人及び同伴者1名まで利用可能。
・レストランにて食事利用時、10%をサービス。(個室利用は除きます。)
 ※本人さま及び同伴者1名を対象。
 ※本特典はランチ・ディナーメニューをご利用のお客さまに限ります。
・各スポーツ施設(ゴルフ、テニス、ボウリング、フットサル)を特別料金にて利用可能。
 (特別料金の金額については、各施設のページの会員料金となります。)
・大磯ロングビーチ入場券8枚プレゼント
・ホテルオリジナルグッズプレゼント

大磯プリンスホテルに宿泊し、鎌倉や江の島観光したり箱根に足をのばしてみたり。
もしくは、大磯にゆかりのある吉田茂元首相の家を拝見し、近所を探検するのもおすすめ!
二宮や大磯にも隠れ家的で素敵なレストランもたくさんできたので、今後は大磯が注目スポットになるかも!?


日産ヘリテージコレクションを見学した!

日産座間工場のなかにある日産ヘリテージコレクションを見学したよ!
見学は無料だけど、WEBから事前予約が必須で、1回の見学(2時間弱)は40人まで。

ここは日産創立80周年記念事業として神奈川県の日産座間事業所内に開設されたんだって。
続きを読む… “日産ヘリテージコレクションを見学した!”

Perrisautospeedwayでデモリッションダービー観戦!

前から噂には聞いてたけど、検索してもなかなか辿り着けなかったレース。
それがDemolition derby(デモリッションダービー)。

快晴のPerris。LAから2時間弱、距離にして80マイルほど。

デモリッションダービーっていう言葉を知らなかったのが原因なんだけど、
ダービーって聞いても競馬しか思い浮かばなくて、すぐにはピンと来なかった。

デモリション・ダービーWikiによると、

デモリション・ダービーとは、主にアメリカ合衆国で行われるモータースポーツの一種であり、アメリカ合衆国の州内の郡農産物品評会や祭で行われる事が多い。ルールはそれぞれのイベント事に異なるが、一般的なデモリション・ダービーは、閉鎖されたダートのグラウンド内で行われ、1競技につき最低でも5台以上の車両が参加し、周回数や走行速度など何らかの走行内容を競うのではなく、意図的に自分の車両を相手に衝突させて他車を破壊する事を目的とし、他の全ての車両が自走不能となった段階で最後まで動き続けている車両のドライバーが優勝となる。デモリション・ダービーは日本語で直訳すると解体ダービーであり、文字通り自分以外の他車全てをスクラップにした者が勝利するという訳である。

とのこと。

イギリスなど英語圏で行われるオーバルトラックで行われる周回レースをバンガー・レーシングと呼び、
オランダではダートオーバルトラックで行われるものをオート・ロデオと呼ぶんだって。


周りは小山がある程度の丘陵砂漠地帯。

ゲートオープンは16時。10分前くらいから行列ができ始めた。

入場料は15ドル。安い!!
気をつけなきゃいけないのは、草レースはだいたいCASH ONLYな件。

中の屋台はクレジットカードでOKなんだけど、入場料はだいたい現金だねー。
たいてい脇にATMが設置されてるんだけで、だいたい行列できてるよー。

出場選手の紹介バナー。

まずはBeerとチキンバーガーで腹を満たす!

先日のNASCAR観戦したIrwindaleよりも高めの値段。

アメリカのこういう興業って夜におこなわれることが多いので、
仕事終わってから家族みんなで晩飯がてら観戦しに来るパターンが多いよね。

悪そうなやつが作ってるBAD BURGER!!


味はいたって普通だったw

レーススタート前には恒例の、選手やレーシングカーとのふれあいタイム。


めっちゃアットホームな時間。


レース開始前からかなりボコボコに壊れてる。


ここを歩いてるだけで靴がドロドロになった・・・


ただでさえ雨が降らないLAだけど、この辺りは砂漠に近いのでもっとカラカラ!
なので、常に散水車がコースに水をまいてた。

グランドスタンドからの眺め。

17時すぎはまだガラガラだったけど、19時のレーススタートには満席に!


熱狂的なオバサン。
全身Tattooはいってるし、シャツのあちこちに選手のサイン。


落ち着きのないガキども!w


コース上にボートがあるなぁw


レーススタート前にはハーレーベテランクラブのパレード&国歌斉唱。

この日に行われたのは主に以下のレース。
Demo Cross, Figure 8’s, Figure 8 Trailer Racing and Formula-X Autocross & CrossKarts


これがDemo Cross。
たぶんバイクのエンジンなんだろうな、ピーキーな吹け上りが心地いい。
でも、ダートなので音のわりには前に進まないのが笑えたw


一番面白かったのが、Figure 8’s, Figure 8 Trailer Racing というやつで、
オーバルコースの内側にある八の字のダートトラックをひたすら回るやつ。


八の字の真ん中は交差点になっており、そこを猛スピードで突っ切る!
度胸試し、運試しに近いよね(笑)


交差点がサーキット内にあるなって信じられない!w


右へ左へ行きかうマシン。

消防車などのオフィシャルカーがコースインしてる時は、全車その場で停車w


ぎりぎりセーフで両車が通過できたら落胆の歓声が唸り、
盛大にぶつかれば歓喜の雄たけびwww


壊れて動けなくなったマシンはオフィシャルカーが後ろからぶつけながら押し出し。
すげーーー雑だよw


これだけでもバカっぽいのに、後ろに台車を牽引して走るレースもありw

そして、最後は外周オーバルを使った障害物レース。
ところどころに廃船になったヨットやジェットスキーを配置。

それをよけたりぶつけて他車の走行ラインを妨害しながらレース!


クーラーボックスを載せながら走ってるよw
中には優勝した時のためのシャンパンでも入ってるのかな?


チェッカー!


優勝者は嬉しそうにドーナツターン決めるのはF1も同じだねw

TVじゃ放映されないようなこういう草レースって最高だなー!
トレーラーヘッドのレースとか、キャンピングカーのレースもあるらしいので、
まだまだ草レースの世界は深い!!!

今回のレースでの教訓・・・日が暮れるととにかく寒い!
普通のジャケットだけだと物足りないなー。

車の中に毛布を取りに行こうと思いきや、なんと再入場不可!!!
いったん出たらまた入場券を買わないといけないんだと。

なので、物販コーナーのトレーナーやジャケットが飛ぶように売れてたw
薄着で来ちゃったうっかりモノに金を使わせる作戦か・・・。

おかげで数日ほど風邪ひいて寝込むことになったのだ( ;∀;)
でも、ぜひまた観にいきたいレースだったことは間違いなし!

Perrisautospeedway


LAPRIDEのパレードを見に行ってきた!

毎年恒例のLGBTの祭典、「LAPRIDE祭」に行ってきたよ!
ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーが多く住むウェストハリウッド。

そのコミュニティを代表する大規模なパレードとフェスティバルのLAプライド祭は、
1970年から続く全米でも最も歴史ある老舗のLGBTの祭典なんだって。

ウェスト・ハリウッド市はカリフォルニアでも特にゲイ人口が高い街で、
2010年の国勢調査によれば1300組以上の同性カップルがこの地域で暮らしているらしい。

ロサンゼルスでは約15万人以上のLGBTの人たちが暮らしていると言われてきたけど、
2013年にカリフォルニア州において同性婚が合法になったので、更に増えてるのかもー。

LAPRIDE期間中だけでなく、この街には常にレインボーが溢れてるね。


なんたって、横断歩道でさえレインボー!w

去年はメルローズにあるPaul Smith(ポール・スミス)の有名なピンクウォールが、
レインボーカラーに変身してインスタ映えするフォトスポットになってたね。

日本だと「レインボー=GAY」っていう認知度はまだまだ低いよね。
海外の人が東京に来てビックリするのが「レインボーブリッジ」なんだって!
ゲイが集まる橋だと信じちゃうみたいw

パレードがおこなわれるのはSanta Monica Blvd.という大通りなんだけど、
道路も封鎖されちゃうし駐車スペースも絶望的なので、愛するBirdでGO!

なんと!この日のためにBirdにもLAPRIDE仕様があった!


新型Birdベースではなく旧型モデル。
でも、個人的には旧型の方が軽くて好きだなー。

ウエストウッド地区からウェストハリウッドまでは30分、7ドル位だった。
往復でBirdを使ったけど、渋滞が酷くて駐車場も少ないLAには最高の乗り物!
Bird愛を深く語る記事はこちらでw

これだけ愛を持ってBirdを活用してるんだから、宣伝マネージャーにでも任命してくれないかなw

パレードに到着!

さっそく綺麗?なお姉さんCA(お兄さんか?)

なんと、エアラインのデルタ航空じゃん!
機長のカッコしたひとや、機内食ワゴンを押す方も。
これ、コスプレではなく、本物らしいw

全身Tattoo! かっこいい~♪

後ろもバッチリ!

こちらはUBER社。
シリコンバレーIT系の新興企業は、まー分かる気がする。

デロリアン!

 

なぜか、このオッサンにずっと指さされたw

こちらはSONY! 楽しそうだな~上に乗って一緒に踊りたい。
けど、ノンケじゃダメなのかしら。

このマスタングのコンバチ、車高低くてかっこいいな~

なぜか彼もずっと指さしてくる!www

もしかして、俺氏モテてる?w

こちらはウォルトディズニー社。
レインボーミッキー!

 

超カラフル\(^o^)/

 

和傘が流行ってるのかなー??


これはCHASE銀行。
堅い商売の銀行がゲイパレードの参加するなんて、日本じゃ絶対に無理でしょ!

みんな声かけて写真撮ってたから俳優かなと思いきや議員さんw

生パイオツか!?
よく見たら盛ってたw

 

馬車!まるでニューオリンズみたい。

 

Gloria Allred。
#metooで有名な弁護士らしい。
いわゆる旬な人。

 

消防車まで登場!
消防士といえば、マッチョなカレンダーを売り出したりしてGAYに人気の職種だね。

モッコリ!
でも、ピントが甘くて残念(ノД`)シクシク

 

老若男女、ホントに楽しそうなパレードだった!
でも、小さな子供までLBGTになっちゃったら、少子化に拍車がかかるねw

LA PRIDEはパレードだけではなく、ドジャースタジアム等で期間中さまざまなイベントがあるよー。
ライブやコンサートもあり、総勢20万人以上が集まる大イベントなのだ。
来年はライブも見に行きたいな~☆

LA PRIDE


PomonaでSwapmeet!!!

1年ぶりにポモナ(Pomona)のSwapmeetへ行ってみた。
このスワップミートは全米最大の規模であり、年に7回開催。
たぶん、夏休みになりたての6月が一番盛り上がってるんじゃないかな?

正式には」ポモナ スワップミート & クラシック カー ショー」っていうらしく、
往年の名車が数千台も勢ぞろいしちゃうスゴイ規模!
古い車部品を扱うお店が2,400店も集まり、3万人を超えるファンが毎回来場しちゃう。

ここはパーツ&車両の販売が半分、車の自慢したい人やオフ会的な集まりが半分って感じ。
うっかり欲しくなっちゃう車がたくさんあって、毎回自制心が試される(笑)

現地には10時半くらいに到着。
朝5時から14時までの開催なので、ぼちぼち帰り始める車両も。

クソ古いトラックを、いかにもアメリカなピカピカにレストアしてるのが多いね。

ピカピカにカスタムされた車両は自走ではなく牽引で。

まるでキューバから買い付けてきたんじゃない?って感じの車も多かった。

おそらく↑このボロいのはレストアに使うベース車両の販売だね。
1年後のポモナではピカピカに仕上がって売られてるのかも。

 

ホットロッド系も安定の大人気。
LAでは街でもたまにこういうのを見かけるのがゴイスー!

ほぼ直管のサイドマフラー。爆音だろな・・・

 

↑こんな感じのナチュラルテイストのヤレ車が多かったな。
流行ってるの????

VW系はmostポピュラーなベース車両。
ドイツ車なのに、カリフォルニアやロサンゼルスっていうとビートルだよね。
まぁ、メキシコ製のビートルってのもあったからかな。

 

美しいダルマセリカ!
今回は日本車もけっこうあったよー。

 

ゴッドファーザーの世界観!

 

ボンネットをお買い上げな方々w

 

RadioFlyerもキマってる!!!

 

多くの注目を集めてたピカピカな一台↓

バンパーも彫刻のように美しかった!

 

ランチはジャンクフードで!

海岸などの公共の場で酒を飲むと逮捕されるアメリカだから、
クローズド空間とはいえ、晴れた野外で飲むBeerは格別!

このリュック、かっこいいwww

めちゃ美味かった!!!

 

買った人はこのまま引っ張って帰るらしい。

和傘の日よけが流行ってるみたい。

VWビートルのエンジンボディをお買い上げな人。

 

 

このトラック、ボディはノーマルなんだけど異彩を放ってた!

なんと、ホイールは30インチ!
いったい何百万するんだろうか・・・。

ここはNHRAドラッグレースも開催される常設サーキット。
奥に見えるのがサーキット。

今回一番欲しいと思ったのがこの赤い子!

素晴らしい!!!あー、欲しい・・・。

 

めっちゃ良い雰囲気だよね。
窓の上にぶらさがってる筒状のブツはいったい何?

 

 


このZ、右ハンドルで湘南ナンバーがついてた!
後ろにはちゃんとCAナンバー付いてたけどねw
25年経過したから日本から持ってきて乗ってるんだろうね。

 

このエルカミも素敵だった☆

 

いまLAではクラシックブロンコを屋根切ってこういう風にするのが流行ってるっぽい。
ベニスあたりの専門ショップでは10万ドルくらいで売ってるね。

 

なぜか止まってる観覧車。
前に来た時は気づかなかったけど、移動式なのかな?

 

この手のVWバギーも街乗り用に1台欲しいな。
ほぼバイク感覚。
雨の降らないLAだからこそだね。

この赤いのは謎。
なんかのKITカーなんだろうけど、ベース車も謎。
カッコイイのかも謎www

撮りたくなるよね~こいつも窓の上に筒が!

なんと、ベッドにはBBQグリルが設置されてるw

 

バイクもちょいちょいいたよ。

車の特徴を聞いたり、エンジンルームを見せてもらったりして、車談義で盛り上がるけど、
うっかり捕まっちゃうと何時間もそこで足止め食らって他のを見れなくなるよw

このマスタング、懐かしいけど8Kドルは高い気がするw
あと10年たてば良い感じに見えてくるかな~

 

 

パーツのヤードにはマニアックなジャンク品がいっぱい。

ほぼ解体屋状態w

車のマニュアルだけ集めた本屋も出品してる。
いまどきはオンラインで読めるんちゃうかなー?w

車好きなら絶対に楽しめるよSwapmeet!!!
ポモナ スワップミート & クラシック カー ショーは1975年から続いてるんだって。
かれこれ43年も!

次回のPOMONA SWAPMEET開催は8/12
めっちゃ暑そうだけど、暇だったら行ってみようかな~

ほかにもスワップミートは色々あるみたい。
情報はこちらで!